【12月29日時点】スタディサプリENGLISHが1ヶ月無料にする方法
未分類

サボり魔の私が独学でスタディサプリENGLISHを使いTOEIC955点とれた実話

サボり魔の私が独学で英語を学ぶことに至った理由

大学の友達と行ったハワイ旅行で全く英語が話せず、悔しかったのがきっかけで英語の勉強をはじめました。参考書を何冊も買い込みましたが、本を読むと眠たくなっちゃう私には向いてなくて、すぐメルカリで売っちゃいました。

そんな時テレビで見たスタディサプリEnglishのCMがきっかけで、ダウンロードしてみたところ


TOEIC955点を取得し、

 


大手貿易会社での英語面接をクリアし、内定を勝ち取ることができたんです!

 

本を開けば眠たくなっちゃう私が、

総学習時間:289時間
学習回数:998回

ここまで英語学習を続けることができたのは、通学時間や寝る前のスキマ時間に英語に触れることができたからなんです。

 

どうやら、スタディサプリENGLISH TOEICコースがスゴいらしい

SNSで評判・口コミを調べてみた

2chで評判・口コミを調べてみた

itunesでも評判・口コミを調べてみた

まわりの友だちにもで評判・口コミを聞いてみた

調べすぎて、疲れた。けど、スタディサプリENGLISH TOEICコースは信頼できるっぽい

 

【口コミ評判まとめ】スタディサプリENGLISH TOEICコースの特徴をまとめてみた

TOEICプロ講師の映像授業が神レベル

TEPPAN英単語で日々の進捗が可視化

音読がリーディング力強化に!?スピード音読の威力がすごい

【補足】TOEICコースを受けると、日常英会話コースも受けることができるみたい

 

【実録】わたしのスタディサプリEnglish~TOEIC対策コース~の使い倒し方を解説

学生時代の私の平均的な1日のスケジュールです。

【平日のスケジュール】

 

【休日のスケジュール】

アルバイト漬けだった私が集中して勉強できる時間は休日の夕食後1時間だけでした。

そんな私が、TOEICスコア520点→955点取得までに行ったスタディサプリEnglish~TOEIC対策コース~の使い方をご紹介します♪

 

【毎日10分】寝る前の英単語学習で頭に定着させる

アルバイト漬けで忙しかった私は、「寝ている間に記憶が定着するから寝る前に暗記するのが良い」という情報をテレビで見たので、寝る前の10分間は英単語暗記の時間にしました。

 

暗記方法は「1週間を区切りとして、毎日同じレッスンを行う」です。この暗記方法はパーフェクト講義の講師を務める関先生がガイダンス動画で推奨している暗記法なんです♪

16レッスンあるので、TEPPAN英単語を使っての英単語学習は4ヶ月(16週間)かけて行いました。1週間毎日同じ単語を見続けることで、7日目にはほとんどの英単語を暗記することができていました!

 

苦手な単語、記憶があいまいな単語にはレッスン完了後、チェックをつけることで復習用のコーナーに送られ、単語の復習を行うことができます。

こうして苦手な単語が蓄積されていくので、試験前に見返して

~ってどんな意味だったっけ..

のようなモヤモヤとした不安から開放されることができました♪

TEPPAN英単語は学習開始からTOEIC受験直前まで使い続けましょう!

 

【毎日15分】帰宅後にスピード音読でリーディング力アップ

TOEICのPart7は最も設問数が多く、54問を55分で解かなければならないため、速く・確実に英文を読む能力が必要不可欠です。

リーディング力をアップするため、アルバイトや遊びから帰ったあとは、ダラダラしがちでしたが、夕食前の頭が動いている内にスピード音読を行っていました。

 

スピード音読とは、画面に表示される英文を読みながら、頭の中で瞬間的に和訳をしていくトレーニングです。スピード音読のトレーニングを繰り返すことで、英文を頭から理解していくクセがつき、問題を読む→英文を読むタイムロスがなくなりました。結果としてTOEICのPart7の英語長文を読むスピードと読解力が向上します♪

関先生が動画内で教えてくれるのですが、声に出して読まないでください!
矛盾しているかもしれないのですが、声を出すことで、意識が分散してしまうため、頭の中で考える方が良いんです。

 

【平日30分】朝の通学時間はパーフェクト講義で文法学習

TOEICのPart5,6は文法・語彙問題です。やればやるほど点数が伸びるPartなので、朝の通学時間は文法学習にあてて、電車の中でずっと演習問題を解く→動画を見るを繰り返していました。

 

演習問題を解くときに気をつけていたのは、1問20秒ペースで解くことです。TOEICは問題数が多く、時間配分が重要になります。Part5とPart6は合計46問あり、Part7とのバランスを考えると、20分程度しか確保することができないので、1問20秒ペースで解くことを意識しました。

20秒で解くことができなかった問題・わからなかった問題は、関先生の神授業で復習を行いました。

 


関先生のパーフェクト講義(英文法編)では英文法を本質から理解できるように教えてくれます。本質から理解を行うことで、暗記するよりも頭に文法知識が定着し、Part5,6の回答速度と正答率がアップしました。

 

【平日30分】夕方の帰宅時間はディクテーションでリスニング力を強化

移動時間は紙とペンが必要ない勉強法に切り替えないと、時間がもったいないので、大学からの帰り道はディクテーションを行っていました。

TOEICのPart1~Part4はリスニング問題で、どの問題も1度しか放送されません。そのため、一回で確実に英語を聞き取る必要があります。

ディクテーションを行うことにより、丁寧に聞く能力が養われるので、TOEICのリスニング対策にはピッタリの学習方法なんです。

 

ディクテーションを行うときに気をつけていたのは、一文字ヒントは絶対に押さないことです。

一文字ヒントを押すと、正解の単語が一文字現れる(上図:灰色背景の文字)のですが、これではディクテーションの意味がありません。制限時間を過ぎても回答を行うことはできたので、わからないときは理解できるまで何回も聞き直していました。

 

【休日1時間】まとまった学習時間は実践問題集×テキストでとにかく解きまくる

休日のアルバイト後はまとまった学習時間が取れたため、テキストと併用し、集中してTOEIC対策学習を行いました。


使い方は、

テキストで実践問題を解き、間違った問題や自信のない問題は関先生の解説動画を見る

のフローで学習を進めました。

このとき意識したのは、間違った問題は深掘りすることです。解説だけをみるのではなく、文法で間違ったのならば対象パーフェクト講義(英文法編)を再度視聴する、リスニングで間違ったなら聞き取れるまで再生することが重要だと考えて学習していました。

スタディサプリEnglishのテキストについてはこちらの記事をご覧ください♪

 

【効果結果】4ヶ月でTOEICスコア510点→955点に


私はSTEP1~STEP5の勉強法で、短期間でTOEICスコア510点→955点にスコアアップすることができました!

4ヶ月で学習時間は約230時間でした。スタディサプリEnglish~日常英会話コース~との併用だったので、実際の英語学習時間1000時間程度ですが、「TOEICスコアで900点を超えるためには、少なくとも1500時間必要」と言われている中、「1000時間でTOEICスコア955点」はかなり効率良く学習できました。

【まとめ】スタディサプリEnglish~TOEIC対策コース~の使い方
  • 関先生のパーフェクト講義で英文法の本質を理解
  • TEPPAN英単語で寝る前の単語学習
  • ディクテーションで移動時間にリスニングスコアアップ
  • 帰宅後のスピード音読でリーディングスコアアップ